2021年1月提供開始

概要

疑似的な多次元分析や、ダッシュボード内でのグラフ・ドリルダウン分析など、データ活用プラットフォームとしての操作性が向上しました。

その他、お客様よりご要望の多かった、クエリー実行時、クエリー作成時、ユーザー管理などの操作性、運用容易性を向上する機能が追加されています。

  • クエリー連携

クエリー連携でグラフやクロス集計に遷移できるようになりました。

本機能拡張により、クエリー連携のFROM、TO両方にクエリーに表形式、クロス集計、グループ集計、グラフが設定できるようになりました。(FROM)クロス集計から(TO)クロス集計を設定できるようになったことで、疑似的な多次元分析のような表示方法も可能となります。

  • ダッシュボード

  1. ダッシュボード画面において、ブラウザ全体はリロードすることなく、グラフからクエリー連携を実行し、ダッシュボード内にグラフまたは表形式のクエリー実行結果を表示することができるようになりました。
    本機能拡張により、ダッシュボードの中でグラフのドリルダウンなどができるようになります。

  2. V5.2で機能拡張された、ブラウザ全体をリロードすることなく、ダッシュボードのグラフの検索条件を変更して再検索を行い、グラフまたは表を再表示する機能がさらに強化されました。
    一つのクエリーを元に、複数の種類のグラフが設定されている場合、一つのクエリーの再検索実行結果を、ダッシュボード内に配置されている同一クエリーの別のグラフにも反映されます。
    再検索実行結果を他のグラフには反映せず、単独のがグラフのみ再表示することも可能です。

  • クエリー実行

  1. クエリー検索時、テキストエリアで検索機能を強化しました。
    カンマ、タブ、改行でOR検索を行うことができます。従来も検索条件にLISTを設定することで、OR条件での検索は可能でしたが、1つのテキストエリアで入力することができるようになることで、OR検索を実施したい場合の操作性が向上します。

  2. 通常クエリーの実行結果からグラフを表示することができるようになりました。
    そのクエリーにグラフ設定がされている場合、ポップアップで作成されているグラフ一覧が表示され、1つ選択することで、そのグラフが表示されます。

  • クエリー作成

  1. 「ファイルの選択」の結合条件、「検索条件の入力」の検索条件を設定する際に、EQ、NEなどのIBM i 独自の用語のみ表示されていましたが、各用語に対する日本語が表示されるようになりました。

  2. クエリー作成権限のあるユーザーは、参照権限のあるクエリーをコピー機能を追加しました。
    コピーしたクエリーには編集権限が与えられます。

  • ユーザー設定

これまで全ユーザーに対して、一つのActive Directoryのサーバーを指定できましたが、ユーザー単位にActive Directoryのサーバーを変更できるようになりました。

拠点ごとに異なるActive Directoryサーバーを指定できるようになり、運用が容易にになります。

最新バージョンのご利用や詳細をご要望の場合は、弊社担当者までご連絡をお願いいたします。

回答が見つかりましたか?