※エミュレータ作業は全て「ホストコードページ」を「939」で行ってください。
※事前に前提ライセンスプログラム・PTFをご確認ください。ZendServerの導入条件となりますので、不足がある場合は適用後にZendServerの導入を行ってください。

1. ZendServerのSAVFをアップロード
SAVFのアップロード手順に従い、対象区画のQGPLライブラリにzendphp7.savfをアップロード

2. ZendServerのインストール
 ①QSECOFRでサインイン
 ②以下コマンドの実行
  CHGJOB CCSID(5035) ※重要
  RSTLICPGM  LICPGM(7PHPZND) DEV(*SAVF) SAVF(QGPL/ZENDPHP7)  

 ③サインオフ ※重要:導入一時ファイルが残っている為、一旦サインオフ


3. ZendServerの停止
 ①QSECOFRでサインイン 
 ②以下コマンドの実行
  CHGJOB  CCSID(5035)    
  ADDLIBLE  LIB(ZENDPHP7)      
  ENDSBS  SBS(ZENDPHP7) OPTION(*IMMED)      
  ENDTCPSVR  SERVER(*HTTP) HTTPSVR(ZENDPHP7)    
 ③QHTTPSVR以下のZENDPHP7ジョブ及び、ZENDPHP7サブシステムの終了を確認
 ④サインオフ

4. ユーザープロファイルの変更
 ①QSECOFRでサインイン  
 ②以下コマンドの実行      
  CHGJOB  CCSID(5035)    
  CHGUSRPRF USRPRF(QTMHHTTP) CCSID(5035)        
  CHGUSRPRF USRPRF(ZENDADMIN) CCSID(5035)              
 ユーザー:QTMHHTTPに特殊権限:*JOBCTLを付与
     CHGUSRPRF  USRPRF(QTMHHTTP) でF4キー、特殊権限に*JOBCTLを追加  

  ※権限設定後、「ユーザー・クラスおよび特殊権限がシステム提供値と一致していない」と

   メッセージが表示されますが、問題ありません。

 ④サインオフ

5. ZendServerの起動   
 ①QSECOFRでサインイン  
 ②以下コマンドの実行      
  CHGJOB  CCSID(5035)    
  ADDLIBLE  LIB(ZENDPHP7)          
  STRTCPSVR  SERVER(*HTTP) HTTPSVR(ZENDPHP7)            
  STRSBS SBSD(ZENDPHP7)      
 QHTTPSVR以下にZENDPHP7ジョブ及び、ZENDPHP7サブシステムの起動を確認    
 ④サインオフ

6. ZendServer管理画面設定
 ①ブラウザから以下URLにアクセス
      http://IBM  i のアドレス:10081/ZendServer/  
 ②画面指示に従い、管理画面初期設定を行う

  Production(Single Server)を選択

  管理者パスワードの設定。QSECと同様のパスワードを推奨(後で変更可能)

  初期設定が完了するまで待機

 ③[PHP]-[phpinfo]を選択

  Current PHP versionを「7.1」に変更して「Restart」

 ④[PHP]-[Extensions]を選択
  右上の[Search]から以下のディレクティブを検索して値を変更

  【変更対象】
  memory_limit=256M
  date.timezone=Asia/Tokyo
  expose_php=OFF
  mbstring.internal_encoding=UTF-8
  mbstring.language=Japanese

 ⑤右上の[🔁]からサーバーの再起動を行います

 ⑥[Administration]-[Components]を選択
  以下のチェックボックスを選択し、[Disable]をクリック

  【チェック対象】
  Zend Code Tracing
  Zend Debugger
  Zend Java Bridge
  Zend Job Queue
  Zend Monitor
  Zend Page Cache
  Zend Statistics

 ⑦右上の[🔁]からサーバーの再起動を行います

 ⑧右上の👤-[Logout]からログアウトします

7. Toolkit設定   
 ①QSECOFRでサインイン  
 ②toolkit.iniの修正  
  CHGJOB  CCSID(5035)
  EDTF STMF('/usr/local/zendphp7/var/libraries/PHP_Toolkit_for_IBMI_i/
default/library/toolkit.ini')
  【修正内容】
  encoding="UTF-8"
  paseCcsid=1208

 F3で保管/終了

8. ibm_db2.iniの設定
 ①QSECOFRでサインイン  
 ②toolkit.iniの修正  
  CHGJOB  CCSID(5035)
  EDTF  STMF('/usr/local/zendphp7/php/7.1/etc/conf.d/ibm_db2.ini')
  【修正内容】
  ibm_db2.i5_dbcs_alloc=1
 ③F3で保管/終了

9. ZENDPHP7ジョブの自動起動OFF
 ①QSECOFRでサインイン  
 ②以下コマンドの実行  
  CHGJOB  CCSID(5035)
  ADDLIBLE LIB(ZENDPHP7)    
     GO ZSMENU
 ③80.Configurationsを選択

 ④3.Autostart Job Settingsを選択

 ⑤全て「N」を選択

10. ZendServerの再起動
 ①QSECOFRでサインイン  
 ②以下コマンドの実行  
  CHGJOB  CCSID(5035)
  ADDLIBLE LIB(ZENDPHP7)  
  ENDSBS SBS(ZENDPHP7) OPTION(*IMMED)  
  ENDTCPSVR SERVER(*HTTP) HTTPSVR(ZENDPHP7)  
 ③QHTTPSVR以下のZENDPHP7ジョブ及び、ZENDPHP7サブシステムの終了を確認
 ④以下コマンドの実行
  STRTCPSVR SERVER(*HTTP) HTTPSVR(ZENDPHP7)
  STRSBS SBSD(ZENDPHP7)  


以上でZendServer2019の導入は完了です。

回答が見つかりましたか?