■所要時間

  • 約30分

■SAVFアップロードの流れ

  • FTPサーバーの起動確認
  • zendphp7.savfのアップロード
  • P2INST.SAVFのアップロード(Zend Server のみ導入の場合は不要)

■事前に準備いただくこと

  • Zendホームページからダウンロード頂いた「zendphp7.savf」と、別途弊社からお送りさせていただく「P2INST.SAVF」の2点を、お手元にご準備下さい。

■SAVFアップロード手順

1. FTPサーバーの起動確認

事前に以下手順でFTPサーバーが起動しているかご確認ください。

1. エミュレータでNETSTATコマンドを実行

2. 3.ipv4 接続状況の処理を起動

3. 「ftp-con」または、 PORT=21の確認
待機中であれば、FTPサーバーが起動していることになります。

※FTPサーバーが起動していない場合は、以下コマンドで起動させてください。
コマンド:STRTCPSVR *FTP


2. SAVFのアップロード手順

FTPサーバー起動確認後、以下手順でSAVFのアップロードをお願い致します。

1. QGPLに「P2INST」「ZENDPHP7」の名前で空のSAVFを作成
コマンド:CRTSAVF FILE(QGPL/P2INST)

コマンド:CRTSAVF FILE(QGPL/ZENDPHP7)

2. ローカルPCのコマンドプロンプトを開き、FTP接続コマンドを実行してください。
コマンド:FTP御社ASマシンのIP

3. ユーザーを入力して実行してください。(ASのエミュレーターにログインするものと同じです)

4. パスワードを入力して実行してください。

5. 転送をバイナリ形式に変更してください
コマンド:BIN

6. 以下コマンドでzendphp7.savfをアップロードしてください
コマンド:PUT zendphp7.savfを保存したパス QGPL/ZENDPHP7

7. SUCCESSFULLYが表示されればアップロード成功です

8. 以下コマンドでP2INST.SAVFをアップロードしてください
コマンド:PUT P2INST.SAVFを保存したパス QGPL/P2INST

9. SUCCESSFULLYが表示されればアップロード成功です

10. SAVFのアップロードは、以上で完了です。

回答が見つかりましたか?